うらさき檸檬助産院の紹介画像

うらさき檸檬助産院のご紹介

うらさき檸檬助産院の画像
浦﨑貞子先生
趣味・特技
料理;得意なものは春巻きと餃子、具だくさん味噌汁
音楽を聴きながらの編み物、時には小説やエッセイを書いています。

母乳相談室を開業したきっかけは何ですか?

東京都の保健師をしていた時、自然分娩と母乳育児を熱心に進める保健師のグループがあり、当時私は興味を持ちつつも傍観していました。しかし、思春期の精神衛生的な相談にくるお母様たちとの関わりから、乳児期の母と子の絆が大切なことに気づかされました。そのためには母乳育児が欠かせません。助産師の経験もあり、子育ての大切な源泉に導かれるようにして桶谷式乳房ケアに出会いました。同じころ、妹が出産した時、難産だったにもかかわらず「お産より乳房マッサージの方が痛かった」との話を聞き、当時熊本には桶谷式の認定者がいなかったので、平成元年に郷里の熊本で開業しました。
うらさき檸檬助産院の画像

相談室は、こんなところ!

助産院は平成28年の熊本地震で倒壊し建て替えました。その時、将来の子育て支援に役立つように母乳相談室のほかに個室2床を設けました。産褥ケアの必要な方にデイケア・入院ケアを提供でき、食事は和食中心でアレルギーの対応もしています。
年間イベントとして毎年秋の手作り味噌つくり教室、ベビーマッサージ教室、不定期で熊本震災支援ボランティア活動「授乳中のママ支援のおにぎりとみそ汁ランチ会」を当分の間おこなう予定です。
母乳育児のスタートは、出産する施設によって左右されますので、場合によっては痛くて辛い体験になることもありますが、どうぞ桶谷の相談室へご気軽に連絡してください。
「今、辛い思い」しているお母様の味方になり、桶谷の心地よいマッサージと心身のサポートで、母乳育児を支援いたします。やがて育児も楽しくなります。檸檬助産院メンバーでお母様のそばに寄りそって、レモンのような爽やかと共にお母様にやる気をお届けしたいと思います。
うらさき檸檬助産院の画像

うらさき檸檬助産院

浦﨑貞子
熊本県熊本市東区江津1-12-8
詳細はこちら
一覧に戻る